FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【重要】お知らせ
ブログを下記にお引越ししました。

ブックマークなどして下さっていた方は

お手数ですが再登録をお願いしますm(__)m

今まで書いてきた記事や写真は

ほぼ引き継げましたが

みなさんが寄せてくれた嬉しいコメントは

なぜか反映できず(T_T)

ごめんなさい。

でも、こちらはそのまま残しておけるので

凹んだ時にみなさんのコメント読んで、

わたしの活力にさせてもらいますね!

新しい方のブログでも今まで通り

コメントや「いいね」を気軽にして頂けたら幸いです(*^_^*)


新しいブログはこちら
スポンサーサイト
トラピストバター



ずーーっと食べてみたかった「トラピストバター」
出張で北海道に行った夫に買ってきてもらい
ようやく口にすることが出来ました

口の中に広がる芳醇な香りとコクがおいしいぃーーー
脂の塊なのにしつこくないので
にバターをのばして塗らずに
のせて食べる!派のわたしにはピッタリ
日本では珍しい発酵バター。
手間隙かけて作られているだけありますね。

我が家の朝食はホームベーカリーで作ったパンが食卓にのぼります
パン作りにもバターが必要なので冷蔵庫に常備。
パン作りを始めた7年ほど前はバターの値段の高さ、
植物油脂のヘルシーさに魅かれてマーガリンを使っていました。
手作りしていると、材料にもこだわりが出て調べたり、
試したりするように。
毎日食べるものですからね

と、同じぐらいの時期にアメリカでは
トランス脂肪酸(マーガリンに含まれてます)
について政府が規制にのり出す事が決定
何気なく使っていたマーガリン。
よく考えたら植物油脂なのに常温で固まっているなんておかしい

バターとマーガリンの違いってわかりますか??
マーガリンはバターの代用品として作られたもの。
だからバターに比べて安いし、扱いやすいですよね。

まず原料が違います。
バター:生乳、食塩

マーガリン(メーカーによる多少の違いあり)
食用精製加工油脂、食用植物油脂、発酵乳、食塩、脱脂粉乳、
乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル、レシチン、
ソルビタン脂肪酸エステル)、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、
着色料(カロチン)、(原材料の一部に大豆を含む)

作り方も全然違います。
バター:家で作れるぐらい簡単。クリームをよーく攪拌すると
脂肪分が固まって固形物が出来ます。
これに食塩を入れて完成!

マーガリン
水素添加という方法で無理やり油の性質を変えています。
水素を添加することで常温では固まらない植物油脂の化学組成を変えて固めてます。

この時に問題となっているトランス脂肪酸が大量に生成されます。
その組成、プラスティックの組成とそっくりだということで
アメリカでは「食べるプラスティック」と呼ばれることもあるらしい。

トランス脂肪酸の健康障害の問題以前に
原料と作り方ですでに違和感を感じたので速攻使用をやめました。
だって、マーガリンの原材料みるとカタカナ&聞いたことないものばかり・・・

と言っても外食したり、既製品を食べることを
避けるのはむずかしいので
自分の出来る範囲のことをしているまでですけど

小難しく書きましたが、何よりバターはマーガリンに比べ断然美味しい
っていうのが一番だったりします(笑)
パプリカ
我が家の畑で収穫したパプリカです
ぐらいの大きさがあります。




スーパーで売られているパプリカのほとんどが
韓国産やオランダ産です

生食することが多いので残留農薬のことを考えると
輸入品は抵抗があり、手にすることはほとんどありません

かといって国産品ってこの辺のスーパーではほとんど見かけません。
見つけたとしても高い(1個200円ぐらい
普段の食卓にのせて、モリモリ食べる食材ではないですよね。

でも!あの肉厚の食感と甘味、キレイな色はとても魅力的
家で作れたら贅沢に食べられるかも!?ということで
今年はパプリカに挑戦してもらいました(畑は夫担当

実が付いてから色が変わるまでが長い。
もうすぐ収穫できそうと思っていた矢先に
先日の豪雨にやられ、いくつかダメになりました
農家さんの気持ちを垣間みました。

それでもまだまだ実がついているので
これから沢山収穫できそうです

調べてみると9割が輸入品とのこと。
しかし、素人でもそれなりに作れるパプリカ。
国産品がお手ごろ価格で買える日も近いかもしれませんね。
大切な道具~新入り編~
で紹介されていた「立つしゃもじ」

08231517_4c72128536aa3_convert_20110527152519.jpg

近所の雑貨屋さんで見つけてお買い上げ

しゃもじの置き場に困っていたわたしにとって、自立するこれは便利

炊飯器のサイドにつけられるホルダーがあるけど、
イチイチはずして洗うのが面倒じゃないですか

そもそも我が家は置いてある場所の関係で両脇にそのスペースが取れないので
今までは小さなお皿に一時保管してました。
キッチンが狭いのに横たわってるとちょっと邪魔だったのよね

そして写真をもう一度よく見てください
先が少しとがっているでしょ
そしてすこしくぼんでいるのです。

とがっていることでお弁当箱の隅までごはんが詰められたり、
くぼんでいるのでおかずなどもすくえるという
よく考えられたしゃもじなのです

そう!そう!お弁当箱にご飯詰める時、
普通のしゃもじだと詰めにくいんですよね~
先が広くて丸いので端まで詰められない。
端まで綺麗に詰めないと偏りの原因になるのでスプーンで詰めてました。
それからも開放されそう

そしてその隣に売っていた「スプーンおろし」

05060932_4dc3419bf2b7d.jpg

これも一緒にお買い上げ

スプーンのすくう部分が凸凹になっていて、
少量のしょうがやにんにくがすれるおろし器が欲しいと常々思っていたわけですが・・・
これは指にかけて手のひらにのせておろせるという使い勝手まで優れたタイプ
耐熱性もあるので、そのまま鍋などに入れることも出来ます。

ちょこっと使いたいにんにくやしょうが。
小さいおろし器でおろしても溝について取れなくて
無駄が多いと思っていました。
これならおろしてそのまま鍋にいれたり、
調味料をここに注げば無駄がない
スバラシイ

どれも買ったばかりで未使用のため使用感をお伝え出来ないのが残念
そのうち報告しますね

キッチンに立つのがいつも以上に楽しくなりそうです
大切な道具~ミル編~
挽きたての食材は香りが格別です

かつおぶし、胡椒、胡麻、コーヒーなどなど。



↑は我が家で使っている胡椒&岩塩の卓上ミル。

手のひらサイズでパッと使えるのが気に入って卓上だけでなく、
調理中も大活躍

ガリガリしていると胡椒の香りにそそられて
つい入れ過ぎてしまうのが難点

数年前からコーヒーもミルで挽いています
同じ豆でも挽き立ての方が断然香りがいい。
そしてこの香りに癒されてます

料理は味だけでなく香りも美味しさを左右するので大切にしたいですね
プロフィール

maki

Author:maki
新潟県長岡市を中心に活動している
料理研究家の松丸 真樹です

料理教室、栄養講座、食育、
イベントなどお手伝いします!
(個人、団体、企業問わず)

詳細は↓リンク
「Happy Food Company」より

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。