スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大切な道具~ゴムベラ編~
今年のバレンタインはエクレアを作りました

エクレア

上からかけるコーティングチョコ、溶かすときにすこーーしサラダ油を入れると

出来た時、写真のようにツヤツヤになります

ちょっとした裏技ですね


さて、お菓子作りに必ず登場する道具ゴムベラ

P1010560_convert_20110213103157.jpg

料理にも大活躍なので、毎日使ってるかも。

気付けば4本も持ってました

一番左は製菓用のもの。
かれこれ12年ぐらい使っている、一番の古株。
この当時、ゴムベラ=お菓子作りって感じでしたし、
熱には不向きなものがほとんどでした。

左から2番目はル・クレーゼのもの。
7年前ぐらいに購入。
耐熱性のゴムベラのはしりで値が張りましたが、
ホワイトソースなどを作る時に便利そうなので、思い切って手に入れた覚えがあります。
でも、白なのでミートソースなどには不向き。
そしてヘラと柄の部分が別れていてここに汚れが溜まり、ちょっと不衛生。

そんな使い勝手の悪さを感じているうちに、
耐熱性のゴムベラがジャンジャン登場。
そして左から3番目の黒い、一体型のゴムベラを入手。
値段も安くなってきていて、ル・クレーゼの4分の1ぐらいで買えました。
いま一番活用してるゴムベラです。

一番右はなんと100円ショップで購入。
こちらもちゃんとした耐熱性だからすごい。
ちっちゃいので加熱しながら鍋に使うことはほとんど無い(手が熱いから)けど、
食洗機に入れられるので耐熱性なのがありがたい。
ジャムなどのビン底をぬぐう時や食器の汚れを落とす時に重宝してます。

便利な道具が一つあるだけで料理の効率や作りやすさがグッとアップします

道具選びも料理の腕を上げる一つかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

なるほどね!
以前、なんでも、ゴムべら使う先生がいて、
調味料や、生地が、ちょっとでも残ろうものなら、
「ゴムべらできれいにとれ!」と怒っていました。。。

その先生のあだ名。→→ゴムべらv-218
>しんちゃん
わたし“ゴムベラ先生”と仲良くなれるかもe-349
お菓子作る時って材料をちゃんと計量しないと失敗するイメージがあるから、
ボールについた生地も残さず入れなきゃーって思っちゃうのよねe-330

あっ、裏技簡単でいいでしょe-348
エクレアのチョコを艶々にする技、さすがですねi-234

ゴムベラってのはお菓子作りには欠かせないものなんですねi-190
でも、どこで使用するかぜんぜん分かりませんi-229

料理もスポーツと同様に用途に応じ、それにあった道具を用意、使用するのが美味しいものを作る要因の一つになってるんですねi-184
>kazuさん
チョコの艶出しはわたしも初めて知りましたe-330

ショコラティエは温度管理をしっかりしてツヤを出すみたいですけどねe-267

料理するなら耐熱性のゴムベラ一本持っていてもいいかもしれませんよe-454

炒め物にも使えるし、鍋についたソースを残さず盛り付けることも出来るしe-284

お菓子作りでは主にボールに付いた生地を綺麗に拭い取る時に使いますe-454
No title
100円を侮っちゃ(o ̄∇ ̄o)(ノ≧O≦)ノダメ~~!!だよねっ!!
相当使えるe-320
>saoriちゃん
100円ショップのものって当たりハズレがあるのであまり期待してなかったんだけど、

ミニサイズのゴムベラは当たりでしたe-278
プロフィール

maki

Author:maki
新潟県長岡市を中心に活動している
料理研究家の松丸 真樹です

料理教室、栄養講座、食育、
イベントなどお手伝いします!
(個人、団体、企業問わず)

詳細は↓リンク
「Happy Food Company」より

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。