FC2ブログ
キッズシェフ・レポ【1】
見附中央公民館で開講中の
こども料理教室「ぼくも!わたしも!キッズシェフ」で
講師をしてきました

大雪だし、材料準備も先方にお任せで
気になっていたこともあり早めに家を出発
広い道を選んで行ったからかスムーズに到着。
準備の方はわたしの出番がいらないぐらいに完璧
ありがたいです
材料の買い出しや班ごとに食材を分けるのって
結構大変なんです

今回の準備はこの講座の
企画&責任者のSさんがしてくれたんですが、
彼女は気が回るし、仕事熱心で
一緒に仕事していると刺激される素敵な方です
ちなみに「ぼくも!わたしも!キッズシェフ」
というタイトルもSさん考案
楽しそうな雰囲気でいいですよね~
わたし気に入ってます

さて、子ども達はというと・・・
対象者が4年生~6年生ということだったので
話もちゃんと聞くし、
学校が違っても班の中で協力して作業していたので感心

今回はピザを作りました
もちろん生地からこねます

P1020217_convert_20120129061507.jpg

生地を発酵させている間にトッピングの準備

P1020222_convert_20120129061632.jpg

各自で生地を伸ばし

P1020225_convert_20120129061749.jpg

楽しくトッピング

P1020230_convert_20120129061912.jpg
P1020231_convert_20120129062027.jpg

↑こんな形も手作りならではで

1人2枚作ったので1枚は食べて、
1枚は持ち帰りを予定していたけど・・・
「食べずに持って帰りたい」って言う子が続出
上手に出来たのを家族に見せたい&食べさせたかったようです。
やさしい子ども達にちょっと感動

結局、休みの人の分をカットして一口ずつ試食。
トッピング中は「たまねぎきらーい」「ピーマンやだー」って
言っていたにもかかわらず・・・
「たまねぎあまぁ~い」「ピーマン苦くないね」と
言いながら食べてました

「たまねぎは焼くと甘くなるよー」
「ピーマンも焼くと苦みが減るからね」
って説明はしたものの、やはり体感するのが一番
苦手の克服につながっていますように。

この後にちょこっと栄養の話。
黄・赤・緑の栄養3色グループの働きについて。
小学生なので自分で食事を選んで食べることが
ほとんど無いけれど、
家に帰って話題になって
くれればなぁーとの期待を込めて

久しぶりに子ども相手の仕事。
やっぱり子ども達の素直さがいい
子ども向けのレッスンやイベントも
もっと力を注ごうと改めて実感した日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
楽しそうですね
うちの子供も親子で夏休み、学校でクレープを作ったことがありました、
生クリームがうまく泡立てることができず残念な結果に終わりましたが、楽しい思い出となりました。
お料理を通して子供に学んでもらえることがたくさんあるようですね。
小学校で
赤黄緑の話、教えてるよね?

でも、「全然知らない」、「初めて聞いた」、みたいなやつが多いのですがww
経験がやっぱり何より大事なのよね~
経験少ない子が多くて・・・
悲しいやら、日本の未来を憂うやら・・・
No title
1回HB使ってピザ作ったけど、生地を伸ばすのが一番大変!!
でも、自分で作るとやっぱり違うね。
満足度大v-410
>ゆみちゃんさん
コメントありがとうございますe-343

失敗も経験のうちですもんね。
お子さんもいい思い出になっていることでしょう。

料理って五感をフルに活用するので
得るものは多いですよe-454
>しんちゃん
今は食育ブームだから幼稚園でも教えてるんじゃ?!

しんちゃん!今からでも遅くないe-2
しっかりみっちり経験積ませて社会に送り出しましょうe-348
でも・・・本来そういうのは家庭の役目だと思うけどねe-263
>saoriちゃん
いやいや!生地を捏ねるのが一番大変なのよ~。
大変なところをHBがやってくれてるんですe-287

自分で作るとトッピングなんかも好きに出来るので
楽しいですよねe-343
プロフィール

maki

Author:maki
新潟県長岡市を中心に活動している
料理研究家の松丸 真樹です

料理教室、栄養講座、食育、
イベントなどお手伝いします!
(個人、団体、企業問わず)

詳細は↓リンク
「Happy Food Company」より

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR