スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キッズシェフ・レポ【2】
先月に引き続き、見附市中央公民館でのキッズシェフ(子ども料理教室)に行ってきました。

今回のメニューは「豚まん」
豚まんって意外と簡単に作れるんですよ

まずは生地作りから
前回ピザを作っているので要領得たのか
全体重をかけて上手にこねてました。

P1020269_convert_20120225164426.jpg

発酵させている間に中に入れる具を作り
材料をみじん切りにするので
数人の子が指を切るというアクシデントも
だからと言って嫌になるわけでもなく、
続けて作業していたのには感心

P1020271_convert_20120225164552.jpg

苦労して切った材料を混ぜて作った具を
生地に包んでいきます

P1020273_convert_20120225164707.jpg

かわいい豚まんも登場
P1020277_convert_20120225164834.jpg

余った具で肉団子
P1020278_convert_20120225165018.jpg

出来立ては皮がフワフワ、
中から肉汁がジュワーと出てきて格別

P1020279_convert_20120225165211.jpg

「全部食べちゃいたい!」と言いつつも
しっかり家族にお土産として持ち帰っていました

衛生上、持ち帰りはあまりオススメしていないのですが
先方の希望により毎回持ち帰っています。
これが保護者に好評で
どんなことをしてきたのか話すきっかけにも
なっているようです

そうやって親子で話すことも食育のうちですが、
もう一歩踏み込んで今回は
「いのちをいただく」という本の読み聞かせもしました

P1020286_convert_20120225165330.jpg

普段、何気なく言っている「いただきます」の意味を
改めて考えてもらえたかと思います。
実話で内容がちょっとヘビーなため、
すごくしずかーに聞き入っていた
子ども達が印象的でした

子ども達が書いてくれたアンケートを見ると
「自分で作るとお店のものとは比べ物にならないぐらい美味しい!」

「みんなと作ると楽しい」

「最後はみんな笑顔になっていた」


なんて書いてくれていて
「食を通してHappyに」というHappy Foodの信念を
改めて感じた教室でした
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

「いのちをいただく」
その本を私も読んでみたいな~
私の子どもたちには、「世界がもし100人の村だったら」を使うんだけど、
その本も勉強しなくては!!
>しんちゃん
「世界がもし100人の村だったら」もいい教材になるよねe-287

「いのちをいただく」は子どもから大人まで
幅広い年代に活用できるのでオススメe-343

アレコレ話すより
媒体を上手く使うと説得力が増すよねe-2
No title
豚まんかぁv-290今度作ろうかなv-162
まきちゃんのブログを見て色々作る様になったよv-341
>saoriちゃん
豚まんは生地をHBで作ればさらに簡単に出来ますよ~e-348

どんな料理作ったか今度聞かせてねe-343
プロフィール

maki

Author:maki
新潟県長岡市を中心に活動している
料理研究家の松丸 真樹です

料理教室、栄養講座、食育、
イベントなどお手伝いします!
(個人、団体、企業問わず)

詳細は↓リンク
「Happy Food Company」より

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。