FC2ブログ
キッズシェフ・レポ【2】
先月に引き続き、見附市中央公民館でのキッズシェフ(子ども料理教室)に行ってきました。

今回のメニューは「豚まん」
豚まんって意外と簡単に作れるんですよ

まずは生地作りから
前回ピザを作っているので要領得たのか
全体重をかけて上手にこねてました。

P1020269_convert_20120225164426.jpg

発酵させている間に中に入れる具を作り
材料をみじん切りにするので
数人の子が指を切るというアクシデントも
だからと言って嫌になるわけでもなく、
続けて作業していたのには感心

P1020271_convert_20120225164552.jpg

苦労して切った材料を混ぜて作った具を
生地に包んでいきます

P1020273_convert_20120225164707.jpg

かわいい豚まんも登場
P1020277_convert_20120225164834.jpg

余った具で肉団子
P1020278_convert_20120225165018.jpg

出来立ては皮がフワフワ、
中から肉汁がジュワーと出てきて格別

P1020279_convert_20120225165211.jpg

「全部食べちゃいたい!」と言いつつも
しっかり家族にお土産として持ち帰っていました

衛生上、持ち帰りはあまりオススメしていないのですが
先方の希望により毎回持ち帰っています。
これが保護者に好評で
どんなことをしてきたのか話すきっかけにも
なっているようです

そうやって親子で話すことも食育のうちですが、
もう一歩踏み込んで今回は
「いのちをいただく」という本の読み聞かせもしました

P1020286_convert_20120225165330.jpg

普段、何気なく言っている「いただきます」の意味を
改めて考えてもらえたかと思います。
実話で内容がちょっとヘビーなため、
すごくしずかーに聞き入っていた
子ども達が印象的でした

子ども達が書いてくれたアンケートを見ると
「自分で作るとお店のものとは比べ物にならないぐらい美味しい!」

「みんなと作ると楽しい」

「最後はみんな笑顔になっていた」


なんて書いてくれていて
「食を通してHappyに」というHappy Foodの信念を
改めて感じた教室でした
キッズシェフ・レポ【1】
見附中央公民館で開講中の
こども料理教室「ぼくも!わたしも!キッズシェフ」で
講師をしてきました

大雪だし、材料準備も先方にお任せで
気になっていたこともあり早めに家を出発
広い道を選んで行ったからかスムーズに到着。
準備の方はわたしの出番がいらないぐらいに完璧
ありがたいです
材料の買い出しや班ごとに食材を分けるのって
結構大変なんです

今回の準備はこの講座の
企画&責任者のSさんがしてくれたんですが、
彼女は気が回るし、仕事熱心で
一緒に仕事していると刺激される素敵な方です
ちなみに「ぼくも!わたしも!キッズシェフ」
というタイトルもSさん考案
楽しそうな雰囲気でいいですよね~
わたし気に入ってます

さて、子ども達はというと・・・
対象者が4年生~6年生ということだったので
話もちゃんと聞くし、
学校が違っても班の中で協力して作業していたので感心

今回はピザを作りました
もちろん生地からこねます

P1020217_convert_20120129061507.jpg

生地を発酵させている間にトッピングの準備

P1020222_convert_20120129061632.jpg

各自で生地を伸ばし

P1020225_convert_20120129061749.jpg

楽しくトッピング

P1020230_convert_20120129061912.jpg
P1020231_convert_20120129062027.jpg

↑こんな形も手作りならではで

1人2枚作ったので1枚は食べて、
1枚は持ち帰りを予定していたけど・・・
「食べずに持って帰りたい」って言う子が続出
上手に出来たのを家族に見せたい&食べさせたかったようです。
やさしい子ども達にちょっと感動

結局、休みの人の分をカットして一口ずつ試食。
トッピング中は「たまねぎきらーい」「ピーマンやだー」って
言っていたにもかかわらず・・・
「たまねぎあまぁ~い」「ピーマン苦くないね」と
言いながら食べてました

「たまねぎは焼くと甘くなるよー」
「ピーマンも焼くと苦みが減るからね」
って説明はしたものの、やはり体感するのが一番
苦手の克服につながっていますように。

この後にちょこっと栄養の話。
黄・赤・緑の栄養3色グループの働きについて。
小学生なので自分で食事を選んで食べることが
ほとんど無いけれど、
家に帰って話題になって
くれればなぁーとの期待を込めて

久しぶりに子ども相手の仕事。
やっぱり子ども達の素直さがいい
子ども向けのレッスンやイベントも
もっと力を注ごうと改めて実感した日でした。
お菓子教室レポ
年明け前にお知らせしていた
与板地域勤労青少年ホームでのお菓子教室に
講師として行ってきました

参加者さん一人で最初から最後までの作業を
すべてやってもらうスタイルでしたので
デモンストレーション中はみなさんとても真剣

マドレーヌなので作業自体はそんなに難しくはないんですが、
お菓子作りは分量や作業順序が変わってしまうと
失敗につながりますからね

参加者の大半がお姉さま方でしたので、
いざ作業開始となるとテキパキとこなしていました
やはり普段から料理をしている方というのは
動きが違いますね~

P1020205_convert_20120122192731.jpg

お姉さま方に交じってこんなかわいい参加者さんも

P1020209_convert_20120122192912.jpg

最後は出来たてのマドレーヌを食べながらのお茶会
出来立てのあたたかい状態で食べられるというのは
自分で作った醍醐味でもありますよね

P1020211_convert_20120122193029.jpg

「行きた~い!」と言ってくれていたにも関わらず
定員オーバーで参加できなかった方もいて・・・
申し訳ありませんでした
聞くところによると募集開始日に満席になったとのこと
今後も色々なイベントが予定されていますので
その時にゼヒお越し下さい

それまで待てないぃ!!!という方は
ご自宅でレッスンが受けられる
出張料理教室をご利用頂けたらと思います
料理&お菓子教室のお知らせ
更新が滞っていてスミマセン

ありがたいことに、ここ1か月ぐらいの間に
来年以降の仕事の話を沢山頂き
バタバタとしています

近日中に申し込み開始となるイベントが
2つあるのでお知らせです

1つ目は
見附市中央公民館で開催される
「ぼくも!わたしも!キッズシェフ
~こども料理教室~」


3回連続講座で、主に見附中央公民館近辺の
小学4~6年生が対象。
申し込み方法などの詳細はこちらを確認ください
http://www.city.mitsuke.niigata.jp/kbn/Files/1/640822/attach/12,2chu95.pdf

わたしは3回のうち2回を担当
「簡単に作れて、お持ち帰りも出来る料理を」とのご要望で
【ピザ】【ぶたまん】を作ることにしました

久しぶりの子ども相手の料理教室
食育の話もして欲しいと頼まれているので
「いただきます」を取り上げようかなと思案中。

子どもは素直でとっても反応がいいので
教える側としてもやりがいがあります。
今からとっても楽しみ

2つ目は
1月22日に与板地域勤労青少年ホームで開催される
「お菓子教室」

年末に配布予定の長岡市政だより1月号に
申し込み方法などの詳細が載ります

マドレーヌを作ります。
この教室は最初から最後まですべて
参加者1人で作業をしてもらいます
満足感を得られる内容に構成しましたので、
グループレッスンで物足りなさを感じている方は
ぜひお越し下さい

みなさんが失敗しないようにデモを実施して、
ポイントも説明しますし、
マドレーヌは簡単なので
初心者でも男性でも大丈夫ですよ

ただ、定員が10名と少ないので希望者は
長岡市のHPか市政だよりのチェックをして
すぐに申し込むことをオススメします

その他はご紹介出来る時期が来たら
順次お知らせしていきますね
コンテスト写真
先日の「長岡うまいおかずコンテスト」の写真を
頂いたので

食生活推進委員のお姉様方と調理中
IMG_4833_convert_20110906200016.jpg
IMG_4789_convert_20110906201124.jpg

みんなが細心の注意を払って盛り付けてくれた撮影用
DSC_0099_convert_20110906200231.jpg

審査員席用
DSC_0065_convert_20110906200813.jpg

受賞後ホッとして友達と歓談中
(いつの間にか撮られてました
IMG_0919_convert_20110906202946.jpg

調理中やデモ中の写真って意外と持っていないので
こういう動きがある写真って貴重
ありがたいです

余韻に浸っている場合じゃないですね
次は「Men's Kitchen」が待っています
詳細は近々お知らせします
プロフィール

maki

Author:maki
新潟県長岡市を中心に活動している
料理研究家の松丸 真樹です

料理教室、栄養講座、食育、
イベントなどお手伝いします!
(個人、団体、企業問わず)

詳細は↓リンク
「Happy Food Company」より

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR